Home Page Image
 

新着情報
6月例会のお知らせ

最終更新日
2017/04/10

お問い合わせ
doitsugendaishiken[at]gmail.com
(※ スパムメール防止のため、
@を[at]に変更しています。)

 

ドイツ現代史研究会は、歴史学の各分野および隣接諸科学との交流を通じて、ドイツ語圏およびその近隣・関連地域の近現代史研究の深化をめざしています。研究例会の開催、会誌『ゲシヒテ』の発行が、主な活動です。

ドイツ現代史研究会は、1968年1月、関西を中心に活動する気鋭の研究者9名によって発足しました。現在、所属会員は百数十名を数え、発足以来40年以上にわたって、ドイツ語圏およびその周辺地域の近現代史研究の深化に取り組んでいます。

本会の活動成果として、エルンスト・ノルテ(著)『ファシズムの時代』(上・下、福村出版、1972年)とハンス=ウルリヒ・ヴェーラー(編)『ドイツの歴史家』(全5巻、未来社、1982~85年)の翻訳などがあります。

 


お知らせ

このホームページを閲覧の際は、エンコードをUnicode (UTF-8)に設定してください。

次回の例会は2017年6月24日(土)に開催予定です。(2017/06/24)

ドイツ現代史学会が2016年9月24日(土)、25日(日)に法政大学市ヶ谷キャンパス(ボアソナードタワー26階 スカイホール)で開催されます。詳細はこちらです。(2016/09/08)

会員の方へ:最近、メールアドレスの宛先が不明のため、研究会からの案内をお届けできない方が増えています。住所・所属・メールアドレス等を変更された場合は必ず事務局までお知らせください。また、例会案内等、研究会からのお知らせが届かない方は、事務局へご一報ください。



 

入会のご案内

入会を希望される方は、規約をお読みいただいたうえで会員登録用紙(Wordファイル)に必要事項を記入し、左記の研究会メールアドレス宛に添付ファイルでお送りください。折り返し、通信担当からご連絡いたします。



 

事務局(2017年度)

代表:若尾祐司(名古屋大学名誉教授)

事務局長:森本慶太(大阪大学)

通信担当:髙岡佐登美(関西大学大学院)

会計担当:吉川弘晃(京都大学大学院)

編集担当:野上俊彦(神戸大学大学院)



©2016 ドイツ現代史研究会

 

   
 
           
inserted by FC2 system